ha-himajinのブログ

暇人ぶりを発信して行こうかと。

酒を止めました

昨年の1月頃からAST(GOT)の数値が50台で、
今年2月3日の血液検査の数値は59まで上がった。基準値(10~40)
γーGTPは124。基準値(79-以下)


私は元々酒が強くて、720mlのウイスキーは3日以内でボトル1本空けていた。
ここ2年間ほどは一週間に、720mlボトルを2本ずつ飲んでました。
それも、全く休肝日無しの毎日でしたね。


今まで、定期的(3か月毎)に血液検査をしてもらっていましたが
γーGTPは酒を飲んでるので高くて当たり前、AST(GOT)の数値は基準値範囲から
出ることはなかったので、暫く酒を止める事にしました。
肝臓は少々疲れ気味なのだろう。


飲まないでおこうと思えば、翌日からスパッと酒を断つことができます。
それが私の酒に対する得意技なんです。
アル中じゃないからかな。


しかし、酒を止めたら急に甘いもの、ロールケーキとかイチゴケーキなど
無性に食べたくなるのです。困ったものですね。
今のところ糖尿病はありませんので、甘いものも大丈夫なんですよね。


そんな訳で美味しいケーキを出してくれる喫茶店を求めてドライブです。


マイカーのエンブレム、排気量は3,000cc


冬の六甲山へドライブです、やっぱり山の上は雪が降ってます。


ガードマンのおじさん、ご苦労様です。


こんな感じで一日が終わります。

長春の旅

今まで海外旅行に行った国で東南アジア地域では、台湾、タイ、シンガポール、
マレーシア、中国と5か国でしょうか。
いずれも、4泊5日程度のパックツアーです。


その中で中国の吉林省長春は一人旅をしました。
長春は昔の満州と言われた場所で、満州事変などでご存知の方も多いでしょうね。
昔、日本軍が治めていた関係か、日本の城のような屋根の建物が
いまだに残り、その建物も役所などに活用されていますね。
日本の建築技術が如何に優れているかが分かります。


私が長春に行った時は反日デモが盛んな時期で、
日本車が大衆にひっくり返されたり、ラーメン店で日本語で話をしていたら
ラーメンの汁をかけられたりするなどニュースで流れていた時でした。
内心、ハラハラして旅に出かけたものです。


今回の写真はモノクロでは分かりにくいのでカラーにさせて頂きます。


吉林省 長春駅です。


この駅から瀋陽に行く電車の窓です。


しばらく走ると・・・あれは原子力発電所かな?


さらに走ると農村集落が見えてきます。

この茶色く整地された広大な土地に何か作物を植えるのでしょうか。


緯度は北海道札幌あたりですね。
今頃の気温はー15℃位かな、寒くなるとー30℃位まで下がるとか言ってました。
ほんと、氷の世界になりますね。


日本の立派な農家の家に比べて、質素な家に見えます。
生活も、きっと質素なんでしょうね。


農村地帯の写真は電車の窓から撮影です。


関空から長春までの直通便がないので関空➡北京➡長春と旅客機に乗りました。

カモメが翔んだ日

今日は朝から、珍しく雪が降っています。
降っても積もることが稀な土地なのですが、今日はどうなりますかね。


さて、皆様 歌手の渡辺真知子さんをご存知でしょうか。
若い年代の方は、ご存じないかもしれません。
渡辺さんの歌で


「ハーバーライトが朝日に変わる
 その時一羽のカモメが翔んだ
 人はどうして・・・・・・・」


こんな歌です。またYouTubeで聴いてみてください。


そんな訳で、少し前に家内と神戸のハーバーランドへ遊びに行ってきました。


年齢が一回り以上年下の妻です。


下の写真は、昨年撮影したものです。

ポートタワー ホテルオークラ 豪華客船{飛鳥Ⅱ}です。
この時、カメラの広角レンズを持参してなかったので
飛鳥Ⅱの船体は、半分程しか撮れませんでしたね。
なにしろ、でっかい客船でした。



その頃は聖徳太子さんだった

今日は朝から冷たい雨が降ってます。
外に出るにも、嫌な木曜日です。
こんな日は、昔の出来事などの思い出話を書いてみよう。


もう数十年前の昔の話です。
ある人との出会いがありました。
私の両親と年齢が同じくらいの男性だった。
その方は、ある不動産会社の会長さんで一代で自己資産を数百億円つくった人物でした。


私は何故か、その方に懇意にして頂き、色々なお話をして頂きました。
中でも心に残っている話を一つ書きます。


その方がおっしゃるには・・・
「なぁ~〇〇君、聖徳太子さんは寂しがり屋やのう
 仲間が集まっとう場所に飛んで行ってしまうわなぁ~」
そして、ワッファハハと笑われたのです。


若かった私は、
「そうや~銭は寂しがり屋や、大金持ちの人が言うからに間違いないわ」と思いました。
それから、銭に対する考え方を大きく変える事になったのです。


私の父や、その方が他界してからもう数十年たつのかな。
 



乱心召されたか浅野殿 殿中でござるぞ!

さて本日は赤穂へ出発です。
国道2号線を姫路方面に西へ西へと走ります。
途中、国道250号線にハンドルを切ってカーブが多い峠を突っ切り砂越海岸へ


江戸城の松之大廊下で浅野内匠頭(あさの たくみのかみ)播州赤穂藩浅野家三代藩主は
高家旗本の吉良上野介(きら こうずけのすけ)に切りつけ切腹するはめになる。
そして、大石倉之助と赤穂浪士が登場となるわけです。


私は、冬になると毎年 砂越海岸へ牡蠣を食べに来ます。
トレトレの牡蠣は本当に美味しいですよ。
又、昔から天然の塩が有名で、赤穂の塩として販売されてます、これもお勧めですね。

海から上がったばかりの牡蠣です。


帰りは相生にある道の駅 白龍城に立ち寄り帰路に着きます。